なぜ繊維の分類する工業が必要か

工業において繊維の分類など、必要ないと考えている方も多くいるかもしれません。ですがこの分ける作業がないと、質のいい糸や布を作ることができません。分ける前の状態では、太さがまちまちであったり不純物が混じっていたりします。それらを仕分けることによって、繊維だけに分類できます。仕分けがうまくいくと、その後の工業において糸や布の仕上がりが良くなると、人々の生活にとってもメリットが大きくなります。丈夫な糸や布となれば、破けにくくなるためすぐに買い替えるもしくは繕うようなことをしないでも、最初の状態のまま長く使用できます。

中小規模の工場の割合

日本の工業は金属、機械、化学、食料品、繊維、その他の6種類に分類されます。第二次世界大戦前までは養蚕をベースに発展した生糸や輸入綿花を加工する織物が隆盛。織物は戦後下降線をたどり、それに代わって現在、最も盛んなのが機械で、日本の生産額の44%を占めています。これまでに培ってきたノウハウを生かし、自動車や薄型テレビ、電子部品など高度な機械製品を生産しています。国内都道府県で最も工業生産が多いのが愛知県で自動車をはじめ繊維、プラスチック、鉄工などを世に送り出しています。日本の工場の99%を占めるのが中小の工場で、これらの町工場が日本の産業を支えていると言っても過言ではありません。

↑PAGE TOP

Menu