工業の分類において重要な点

工業の分類において重要な事は、その商品がどの様な形で社会に貢献しているかという点です。一般的に製造業、サービス業といった分類をすることが多いものですが、製造業においては物を製造しているという観点ではなく、その製造されたものがどの様な形で社会に講演しているかという点が重要な意味を持ちます。例えば造船は物を製造しているという点では製造業として扱われることも多い物ですが、その貢献という観点からすると日本の産業をけん引する技術が多数利用され、また製造された船は日本の工業に必要な物資を運搬し、さらに製造した製品を海外に運搬されるために利用されることも多く、他の製造業とは異なる産業とされることが多いのです。

手に職をつけるということ

中学生のお子さんのいる親御さんは、子供の進路について日々お悩みの事でしょう。そこで、ひと昔前なら敬遠されがちな工業高校も進路の選択に入れてみてはいかがですか?大学の数があふれている現代では、何の目的もなく大学に進学し、いざ就職となった時自分が本当は何をやりたいか分からず、なんとなく就職して、つまらない人生だと感じてしまう人も少なくないのでは?そんな未来より、物造りが好きだったり、パソコンが好きな子には、工業高校を進めてみてはいかがでしょう。若いうちから資格がたくさん取れるメリットがあります。また、学校によっては大学進学の推薦枠をもっている学校もありますよ。

↑PAGE TOP

Menu